ネイテイブ講師の、中級・上級者向けオンライン英会話です。 ビジネス英会話×マンツーマン

アットイングリッシュ SINCE2003
×

まずはお試し無料体験!

アットイングリッシュ

2003年設立、社会人専用の英会話トレーニングです

ビジネスパーソンを対象に「仕事で成果を出す英語コミュニケーション」にフォーカスしてきました。
社会人の上達は、興味と遣り甲斐、そして、学びの喜びが重要なキーだと考えます。

ネイティブ講師とビジネス英会話 オンライン英会話のアットイングリッシュ

アットイングリッシュが選ばれる6つの理由

仕事の英語を支える3つの柱

業務遂行能力
Proficiency

  • ビジネスに適した話し方

    理解を促し、説得力のある話方を
    目指して、整った構成・順序で話す
    トレーニング

    ビジネスコースEBC
  • 幅広い対応力&即応力

    幅広いトピックを題材に、
    ディスカッションし、
    コミュニケーション力を強化

    ディスカッション (英字新聞)
  • ビジネスを語る

    ビジネスイシューを深く掘り下げ、
    情報や意見を表現するトレーニング

    ビジネスコースEML

コミュニケーション力の底上げ

ジェネラルコース

ピッタリの習得法を選ぶためのポイント

  • オンライン英会話の良さを最大限活用!

    Open or Close

    2003年の設立当時から、ビジネスパーソン向けの英語コミュニケーションのトレーニングをご提供しています。
    「オンライン英会話」という形式の良さを活かし、4つの特徴を持っています。

    1.講師は全員、海外在住ネイティブ・スピーカー
    2.受講形式は、1対1(マンツーマン)
    3.社会人専用、中でも中級・上級者向け
    4.セッション内では、楽しくても辛くても、全て英語に乗せていただき、英語で考えながら話す習慣を身に着けていただく

    なお、トレーニング内容としてはスピーキングでアウトプットを出すことが中心となります。

    単語や文法、知識面(詳しくはこちら)でのインプットは、メルマガにて、毎日無料でサポートさせていただいております。
    (無料です。お気軽にご登録ください。)

    無料体験レッスンお申込み
  • 2つのビジネス英会話コースの理由

    Open or Close

    通常、英会話スクールのビジネスコースでは、ビジネスに関連したトピックについて話すという内容が多いですが、私たちは、「話し慣れ」に加えて、ビジネスでの上手な会話の造り方を習得し、話し方自体をビジネスに適した形に変えて頂けるよう、
    2種類のビジネス英会話コースを設けています。

    【ビジネス英会話コースEBC】
    ビジネス環境で、状況に合せて使われるべき、

    1.会話構成の仕方
    2.そこで使われる表現

    を具体的な状況設定に基づくロールプレイを通して、身につけていただきます。
    英語の話し方自体をビジネスに適した形に変える、実践的な練習となります。

    ご利用者:
    外資系企業で、本社やリージョナルオフィスと定期的にテレカンファレンスされる方々など。
    指示や意図を正確に伝えたり、プレゼンで代表して話すなど、オフィシャルな場で間違いなくキチンと話すことを求められる方々にご好評頂いています。

    【ビジネス英会話コースEML】
    ビジネス関連のトピックについて、仮想企業を使ったケーススタディの実施をハイライトとして、
    各トピックで重要となる考え方を、英語表現や文法事項も含めて練習します。

    ご利用者:
    日系企業にご勤務で海外現地法人とのコミュニケーションを担当されている方々など。
    基本的に会話の形式よりも、アイディアや考えをその特長を際立たせながら英語に乗せる練習にご興味のある方々が多いです。

    無料体験レッスンお申込み
  • ネイティブ・スピーカーのように話す

    Open or Close

    アットイングリッシュの講師は、全員がネイティブ・スピーカーですが、私たちがご提供している練習の目標として、
    「ネイティブ・スピーカーのように話す」ことは掲げておりません。

    目標は、
    「ネイティブ・スピーカーもこういう発言がしたい、と思うような発言をする。」
    です。
    そして、ネイティブ・スピーカーである講師たちがそれをお手伝いします。
    (コース:EBC、EML、英字新聞記事)

    では具体的にどのように上達するのか。
    アットイングリッシュでは、以下の4つの指標を設けています。

    - Positive(良い印象を持たれる話し方)
    - Making a point clear(要点を的確につく)
    - Volume(理解のために必要な充分な発話量)
    - Structured(相手の頭に残るよう、整理された構成)

    ご興味をお持ちいただけましたら、まずは無料体験レッスンでお試しになってみてください。
    ご自身で今後の上達をイメージできるかどうかが一番重要かと考えます。

    無料体験レッスンお申込み
  • 英語面接対策は、まず2つに分けて考える

    Open or Close

    アットイングリッシュでは、ネイティブ・スピーカーの講師が、実際に模擬面接を行うということもあり、
    外資系企業への転職面接やMBA留学面接、国際機関へ派遣されるための面接に備えて、
    英語面接対策コースをご受講下さる方が大変増えております。

    アットイングリッシュの英語面接対策コースは、ご受講開始前に必ず日本人の担当者とその練習内容についてご相談いただく
    プロセスを入れております。

    そこで始めにお尋ねさせていただく質問は、以下の2つです。
    - 英語のスピーキングにどのくらい慣れているか
    - 面接を受けることにどのくらい慣れているか

    当たり前のように見えますが、この2つを、ご自身がどう認識されているかによって、
    面接対策の内容は大きく変わってくるのです。

    本番の面接までの時間をいかに効果的に使うか。

    そのためにはまず、どの部分に注力するかを洗い出して明確にすることが大切です。

    まずは、ご相談だけでもお受けしております。
    お気軽に無料体験レッスン申し込みから。

    無料体験レッスンお申込み

Voice - ご利用者の声

[写真]外資系製薬会社ご勤務 島崎さま

#01外資系製薬会社ご勤務 島崎さま

社内で推奨され、口コミ以上の質を実感。スカイプを通じて、
2つのビジネスコースを活用する方法

外資系製薬会社に勤務しております。業務にて、テレフォン・カンファレンスやEメー ルで毎日英語を使っています。

休日の午前中にレッスン受講可能な英会話スクールを探していたところ、社内で推奨された幾つかの英会話スクールの中にアットイングリッシュ様のお名前を見つけました。講師の方々やコースの質が高い等、口コミの評判が一番高かったこともあり受講を希望致しました。実際に受講させていただき、レッスン毎に口コミ以上の講師の皆さんの知識・指導レベルの高さを感じることが、私が続けている一番大きな理由です。

欧州や北米の方たちと一緒に仕事をすることが多く、ファシリテーターを行うこともあります。そこで私が一番苦労するのは「文化の違い」です。日本からの要望の背景として文化の違いがある場合、これを相手も理解し、納得できるように説明するのが本当に難しいです。また、細かな制度の違いも誤解を招く要因になります。

例えば、医薬品の成分や薬効、安全性への理解については文化の違いが顕れることはないのですが、キャップ部分への小さな傷などの容器外観上の特徴がどの程度使用される方々の不安をあおる可能性があるのか、こちらでは製造工程で異物混入を防ぐ仕組みがどの程度要求されるのかなどは、単に英語にしただけでは海外の同僚たちからの理解は得られません。

どれ程のユーザーがそこに不安をいだくのか、なぜそこに注意を払うのか、日本とは異なる価値観・文化を持つ同僚たちに丁寧に説明し、理解を得ることがとても大切になってきます。

私の英会話の練習方法は、アットイングリッシュ様でのレッスン受講になります。ビジネスシーンでの会話の構成方法やそこで使われる表現を習得するためにビジネスコースEBCよりレッスン受講を開始し、今はビジネスのトピックを追いかけてディスカッションするビジネスコースEMLを受講しております。また、月に一度、英字新聞記事でのディスカッションを予約するようにしています。こちらは、最近のトレンドに沿って幅広いトピックを英語で話し合えるところが魅力です。

[写真]メディアクリエイター 林さま

#02メディアクリエイター 林さま

オンライン英会話の持つ、質と量の強み。
海外でのミーティングでも役立った実践的な練習

仕事での会話の組立て方やボキャブラリーなどをビジネスコースEBCで学べています。

例えば、実際に私がサンフランシスコの人口知能を扱う企業へミーティングに出かけた際、こちらの意図を強調するグラフの読み方をはじめ、データの説明の仕方、会議で論理的なプロファイリングやディスカッションを展開するときの表現方法など、EBCでの実践的な知識の習得と練習がとても役立ちました。

他にも、スモールトークで仕事の話しをするときなど、職場やインターン先で「実際に何をどう言うか」考える際に、頭の整理を助けられますし、英字新聞記事でのディスカッションでは、あらためて日本について学びつつ、自分の経験と講師の経験を結びつけながら、考えや意見をシェアする練習ができています。

英語でのコミュニケーションの質を高めていくには、ボキャブラリー(単語だけでなく、状況に合せた表現方法など)を増やすこと、それらをスピーキングで実践してみる機会の「量」を確保することが重要だと思います。

ボキャブラリーを増やす意味では、メルマガ「ビジネス英語のヒント」を見てます。あれは、イイです! ケンブリッジの検定と同じように、議論で使える表現を盛りだくさんに入れた、実践的にビジネスで使える英会話練習の方向で、このまま向かっていって欲しいです。

量の意味では、手頃な価格で、英語を第一言語とするネイティブと一緒に練習できることが強みだと思っています。

[写真]金融機関ご勤務 三好さま

#03金融機関ご勤務 三好さま

他社との違いは、レベルが高いマンツーマンのインタラクション。
他での1,000レッスン以上の経験からわかったこと

外資系金融機関に勤務していた際にアットイングリッシュで受講し始めて、既に数年になります。

その前は大手の英会話スクールで1,000レッスン以上をこなしましたし、アジアの安い英会話があるのも知っていますが、他との一番の違いは、先進国の知的レベルが高い講師とマンツーマンのインタラクションを通して、英会話を練習できる点だと思います。

他の英会話スクールでは、単に文字通り、英語を教わっているようなものだと思いますが、アットイングリッシュでは表面的な会話練習ではなく、例えば、英字新聞の記事の背景にあるイシューを講師と一緒に探し出すようなディスカッションがあります。お互いの仕事や生活の経験の中から関連のある事柄を持ち寄って、お互いが出してきたものに呼応しながら、1つのキーワードに達したときには、海外に居る講師との間で共感している実感が持てます。

また、日本に居る英会話講師では、日本人に合せて親切過ぎて、残念ながら海外のビジネスパートナーと話すときには役に立たないと、以前、思いました。その点、アットイングリッシュの講師たちは、親切ですが、日本に来たことも無い人がほとんどで、本当に実践的なネイティブとの英語のコミュニケーションが身に着けられます。

転職した今でも、外資系のクライアントとの会議では、1時間くらい話し込むこともあります。どこへ行っても、ビジネスに英語は付いてくると思って練習しています。

[写真]外資系企業ご勤務 田中さま

#04外資系企業ご勤務 田中さま

オンラインで英会話上達のコツ。気持ちを共有して楽しいと感じるとき

外資系企業に勤務しており、アメリカの本社とメールや電話、テレカンファレンスで遣り取りする機会が多いため、

英語は勉強し続けています。アットイングリッシュで受講し始めて約2年が経ち、今、思うのは「楽しまないと英会話は身につかない」ということです。

レッスンの中で講師と話していると、ただ英語で話して、言葉が通じているというレベルではなく、自分の気持ちだったり、心からの言葉が伝わっていると感じるときがあります。たわいもない日常の話しでも、「あ、それ、私もある!」とか、「そうそう、私もおかしいと思っていたんだ」といったような、気持ちを共有して楽しいと感じるときが大好きです。

英会話の上達には、日々の中で思い通りに英語が話せず、もうダメだと思うことがあったとしても、レッスンの予習や復習を通じて、上手くいったと思えることがあったときや、少しずつ変わってきていると感じる瞬間を大切にしながら継続していくことが必要だと思います。

海外に居て、文化も暮らしも、そして、生き方も違う、ネイティブの講師たちと気持ちを共有して楽しいと感じる想いが、私の継続の、そして英会話上達の原動力になっていると思います。

「何かを得意な人は、それを楽しめている人だ」という言葉があります。私も学生時代、数学が大好きで、楽しんで勉強していた記憶があります。今、英会話で楽しむことの大切さ、そして、その効果を感じています。

料金と開講時間

料 金

料金体系は、月会費 + セッション毎の受講料
となっております。

月会費ジェネラルコース3,570円
ビジネスコース5,880円
受講料ご受講時間帯により3タイプに
異なります
1,620円
1,728円
1,836円

開講時間

海外からご提供しております。
日本の祝日も、平日と同様の開講時間となります。

月~金19:00~24:00
土・日9:00~13:00
※消費税含む金額

英語面接対策も

  • 外資系 国際機関への就職・転職
  • MBAなど留学面接
  • (国際弁護士 会計士)インターン 

ほか

就職先に合わせて質問をカスタマイズし
模擬面接形式で練習、本番に備えます。

ビジネス英語のヒント

アットイングリッシュが無料で配信しているメールマガジン「ビジネス英語のヒント」では、
セッションの中でネイティブ講師からアドバイスのあった表現などを毎日ご紹介しています。
こちらで、メールマガジンの内容を、少しだけピックアップしてご案内させて頂きます。

無料メールマガジン「ビジネス英語のヒント」のご登録は、下記フォームよりご登録ください。
メールアドレス [例]example@atenglish.com お名前
(全角・漢字)
[例]有戸 太郎
  • 英字新聞記事:民法714条、責任無能力者の監督義務者等の責任を除外する6つの基準

    身に付く表現:

    to maintain 24 hour supervision / to keep the person with dementia under constant supervision / to watch out for them

    Question:

    痴呆症の老人を抱える家族には、どんな負担が生じるでしょうか?

    Pick Up:

    They have to maintain 24 hour supervision of their family member.
    They have to keep the person with dementia under constant supervision.
    They need to watch out for them always.

    24時間ずっと見ていなければなりません。
    痴呆症の人を常時、管理していなければなりません。
    いつも注意していなければなりません。

  • 英字新聞記事:テロ事件調査と個人情報保護、優先されるのはどちら?

    身に付く表現:

    I tend to side with Apple

    Question:

    「あなたは、FBI とApple どちらを支持しますか?」

    Pick Up:

    It really is a fascinating case when you look at it from practical, legal, and moral standpoints. I tend to side with Apple.
    実際的、法的、道徳的な観点から見て、大変面白いケースです。私はアップルに味方します。

  • 英字新聞記事:ピケティ氏の『21世紀の資本』について

    身に付く表現:

    but not to the same degree that

    Question:

    「ピケティが提起する格差の問題、日本の状況はどうなの?」

    Pick Up:

    In Japan, the gap is widening but not to the same degree that it does in the US.
    日本で格差は広がっていますが、アメリカ程ではありません。

  • 英字新聞記事:経産省のプロジェクト「The Wonder 500(日本各地の名産品や観光資源など500項目を海外にアピールするプロジェクト)」について

    身に付く表現:

    France is one such country / invoke romantic feelings in people

    Question:

    「自分の国をアピールするのが上手だと思うのは、どの国ですか?」

    Pick Up:

    France is one such country. People from all over the world love to travel to the country to see their museums, architecture, fashion shows, and film festivals. These are their ability to invoke romantic feelings in people.
    フランスは上手ですね。世界中の人達が美術館や建築物、ファッションショーや映画祭を見るためにフランスを旅したがります。それは、フランスが人々の心にロマンティックな気持ちを起こさせるからです。

体験レッスンご感想

  • 私のたどたどしい英語に合せてくれたのだと思うが、ゆっくり喋ってくれた。中級、上級レベル向けとあるが、喋り方のレベルの調整は大丈夫。こちらとしてはもっと速く話してもらってもよかったと思う。また、体験レッスンの課題は読んでおいた方がいい。読んでおかなくても、大丈夫ともいえるが、手ぶらでレッスンに入るのと準備ができているのとでは、内容が変わってくると思う。
    【30代男性】

    【しっかり準備しておくと効果的】

  • 受講してみると、確かに中級者、上級者向けというのはわかる。その分、レビューとかをしっかりとしてくれるので客観的に自分のスピーキング力に評価を受けたい人には良いと思う。実際の仕事と同じだが、教材は事前に目を通して、自分なりに咀嚼しておいた方がいい。
    【20代男性】

    【確かに中級者、上級者向け】

  • 私が今日、受講して一番感じたのは、講師の方の「教えよう」という気持ちがしっかりしているということでした。
    こちらの話しも、しっかりと聴いてくれて、コメントを出してくれるので、正直、楽しいですし、楽しいだけでなく、勉強、練習になった実感があります。
    教えるプロ、専門家のような人でした。
    体験レッスンには、飛び込んでいってみると良いと思います。また、中級、上級の人たちにとっては当たり前だと思いますが、自己紹介を含めたスモールトークは、事前に準備しておいた方がいいと思います。
    【40代女性】

    【教えるプロ、専門家】

  • 緊張せずに受けることができました。言いたいことが上手く言えなくて、英語が止まることはあったのですが、そういうときは助けてくれるので心配は要らないです。テーマを読んでおいた方がイイですが、体験レッスンなので、ありのままで臨んでみるのがイイと思います。
    【20代男性】

    【ありのままで臨んでみるのがイイ】

体験レッスンご感想 一覧へ

オンライン英会話ならアットイングリッシュ

実践で使える英会話スキルの習得なら、オンライン英会話スクール「アットイングリッシュ」にお任せください。アットイングリッシュのオンライン英会話レッスンは、ネイティブ講師によるスカイプを用いたマンツーマン方式です。画一的なレッスンとは異なり、より実践で使える質の高いレッスンを提供しています。

一般的な英会話スキルを習得するレッスンのほかに、英語新聞記事を用いたレッスンやビジネスシーンで使える正しい言葉遣い、表現を習得するレッスンなど、目的に適したものをお選びいただけます。さらにネイティブ講師はビジネス経験のあるネイティブスピーカーですので、内容は分かりやすく、的確なアドバイスによって英会話スキルの上達を目指すことが可能です。

アットイングリッシュのオンライン英会話レッスンは、知的好奇心を刺激する内容だからこそ、時間と労力を無駄にすることなく効率的かつ意欲的に英会話を学ぶことができます。初めての方向けに無料体験レッスンもご案内していますので、興味がある方はぜひ無料体験レッスンをお試しください。

hideコンテンツ